ステンレス粉末冶金

粉末冶金とは…

金属粉末を原料とした部品製造法の一種で、狭義にはプレス成型法を指します。
大量生産に適した技術であり、低コスト化を実現します。
当社では、難加工材質であるステンレスに特化しています。
製品内部に気孔を持たせることにより軽量化させることも可能です。

粉末冶金の特徴

大量生産

流動性のある金属粉末を金型に流し込み、プレス成形により成形体を作製します。
成形時間が個当たり数秒と非常に短いため、大量に生産することができます。

難加工材質(ステンレス)

当社は、MIM(金属粉末射出成形)で長年培ったステンレスの焼結技術を活かした、
高品質のステンレス粉末冶金部品をご提供いたします。対応可能材質は下表のとおりです。

軽量化

一般的に粉末冶金は、相対密度が70-90%のため、内部に気孔を持っています。
焼結密度をコントロールすることにより軽量化部品を作製可能です。

当社の強み

三井金属グループである神岡部品工業(株)は、長年粉末冶金部品の製造・販売を行っております。
当社は、神岡部品工業(株)の技術支援を受けており、豊富な知見を活用することで、高品質な製品を
ご提供することができます。
当社で成形対応できないサイズでも神岡部品工業(株)の協力により対応可能と なりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

【所在地】〒836-0003 福岡県大牟田市大字唐船2086番地1
 TEL:0944-51-5611  FAX:0944-51-7100

Copyright(c) 九州精密機器株式会社. All Rights Reserved.