プラスチック射出成形

HOME > プラスチック射出成形

プラスチック射出成形とは

プラスチック射出成形とは、プラスチック製品を製造するための加工法の一つです。プラスチックの原料を加熱して、溶融の状態になるまで溶かし、射出成形機で金型に流し込み、成形。プラスチックが固まるまで冷却した後、成形品を取り出して完成です。形状の自由度が高く、大量生産ができるため、世の中にあるほとんどのプラスチック製品がこの製造方法で作られています。当社は1981年の設立以来、プラスチック射出成形を手掛け、技術を磨いてきました。

九州精密機器の強みは何と言っても、高品質の製品を、低コスト・短納期でお届けできること。成形作業を自動化することで低コストを実現し、長年蓄積してきた成形ノウハウにより、高品質の製品を提供。また、24時間稼働体制で短納期を実現しています。当社では、長年培ってきた成形技術でお客様の多様なニーズに応え、汎用樹脂製品からエンジニアリングプラスチック製品までをご提供しているのです。特に、医療用部品や自動車部品の分野において豊富な実績があります。



製造工程 製品事例

ページトップ