金属粉末射出成形(MIM)

HOME > 金属粉末射出成形(MIM)

金属粉末射出成形とは

金属粉末射出成形(Metal Injection Molding)は、金属粉末冶金技術とプラスチック射出成形技術を融合させた、新しい形の金属部品製造技術です。金属粉末とバインダー(プラスチック樹脂など)を混ぜ合わせ、金型内に射出成形を行った後、脱脂工程でバインダーを除去し、高温焼結することで高密度の金属製品を作り出します。加工が難しいとされる材料にも対応できる金属粉末冶金と、形状の自由度が高いプラスチック射出成形のメリットを組み合わせた金属加工技術です。 IMG_6384
MIM(金属粉末射出成形)は、ステンレスなどの難加工材にも対応し、三次元といった複雑形状の製品を作ることができます。しかも、金型を利用し大量生産することが可能です。また、±0.5%という高い寸法精度を誇り、相対密度も95%以上。高密度・高強度の製品ができあがります。当社では、三井金属グループの金属素材における豊富な知識と、プラスチック射出成形技術とを融合させ、高品質・低コストのMIM製品をご提供していきます。

 

MIMの特徴

 

複雑三次元形状に対応し、量産化も可能

プラスチック射出成形と同様の製法により、機械加工では難しいとされる三次元形状品も大量生産が可能です。金属粉末冶金と比較しても、三次元、非対称などの複雑形状の製品が製造できます。また、鍛造と比較しても、シャープエッジが可能ですので肉厚の変化にも対応でき、複雑形状の製品ができます。三次元で面構成された複雑形状の製品にも対応できるのが当社の強みです。形状についてはご相談ください。

 

より高い寸法精度を実現

MIMは±0.5%という高い寸法精度を誇りますが、当社の特別公差品においては、±0.3%という、さらに高い寸法精度を実現できます。その秘密は、製造工程。脱脂工程と焼結工程を別にしているMIMメーカーが多い中、当社では、脱脂・焼結を一連の流れで行っています。焼結前の成形品はまだ柔らかいため、脱脂と焼結の工程を分けてしまうことで、精度が損なわれるリスクが高くなってしまうのです。工程を一つ減らすことによって、寸法精度が安定し、リードタイムも短くなります。

 

高密度・高強度・高硬度・高耐食性

粉末冶金は相対密度83~85%に対して、MIMでは焼結時の相対密度が95%以上。密度の高さは、折り紙つきです。MIMならば、高密度・高強度の製品ができます。また、当社では高硬度製品の開発にも着手しており、SUS440C材にてHRc60±2の実績があります。その他、耐食性においても、SST96hrs以上が可能です。

 

多種材、難加工材料にも対応

ステンレスなどの加工が難しいと言われる材料にも対応でき、しかも量産化できてしまうのがMIMの強みです。当社は特にSUS材に強く、以下の材質に対応しています。
SUS316L、SUS317L、SUS304、SUS440C、SUS630、SUS420J2、SKD11
また、当社はグループ会社と協力して、新しい材料開発にも取り組んでいます。

 

後工程を省略化し、コスト削減を提案

MIMは、最終形状に近い形が得られるため、切削などの後工程を省力化することができます。また、当社では、複数部品の一体化を提案させて頂くことも可能です。あらゆる面から、お客様のコスト削減を提案していきます。部品の組み付けニーズに関しても、グループ会社と連携することで、一貫して行うことができます。

 

あらゆる表面加工、ダイカスト・樹脂成形とのコラボレーションも可能

MIMは、一般金属と同様に、熱処理、塗装、メッキなどの各種表面処理が可能です。当社は自社工場内において、ネジ穴、リーマ、プレス、ショットブラストなどの加工を行うことができます。また、自社のプラスチック射出成形技術、グループ企業のダイカスト技術と組み合わせることによって、MIM製品を鋳ぐるみすることも可能です。

 

薄肉製品から大物部品まで対応

当社では、t=0.3~0.7mmの製品実績があります。ロストワックスと比較しても、薄肉厚の製品ができるので、軽量化が図れます。また、L=150の製品実績があり、大型部品への対応も可能です。他のMIMメーカーに比べ、一回り大きな製品を作ることができます。薄肉製品から大物部品まで、当社はお客様のあらゆる要望にお応えしていきます。

 

小ロット対応、素早い試作対応が可能

当素早い試作対応は、当社の強みの一つです。形状により異なりますが、最短で2~4週間で試作品を作ることができます。また、ロットに関しても、数百~数万個/月の生産能力があり、小ロットから多ロットまで対応が可能です。当社はバッチ炉を使用しており、ロットが大きいほど、コスト面でメリットがあります。

 

製造工程 製品事例

ページトップ